法律事務所2006年07月21日 11時43分03秒


天気が冴えませんね…
早くメーターを移設したいんですがお預けくらってます。
(う~ん、ガレージがあれば…)

昨日退社後、事故請求額相談のため担当弁護士さんの事務所を訪ねました。
相手タクシー会社から届いたという車両修理の請求書に切れそうになりながらも
(アホタクシー会社全然反省の色なし、過失割合も考えず全額請求してきてるし…)
なんとか気持ちを落ち着かせ相談の結果、慰謝料・物損額・交通費・休業損害額を決定。
肝心の慰謝料に関しては相手の不誠実な対応を考慮して
弁護士基準額の3割増しで請求することになりました。

以上の請求を相手側に内容証明にて送付。
支払いを拒否するようであれば訴訟という形になります。

今回訴訟を起こす場合は簡易裁判所ではなく地方裁判所の扱いで
その場合、相手側も弁護士をたてなくてはならないそうです。
弁護士費用を考えるとそこで相手が折れてくる可能性もあるらしいのですが
相手がアホちんなんで、もしかしたら裁判・尋問までなんてことも…

まあ向こうが主張している過失割合については
まず通る可能性はないでしょうとの言葉を頂きある意味安心していますが
解決までにはもうしばらく掛かりそうです。。。